2017年6月7日水曜日

異音そしてタイヤとサス。



みなさまごきげんよう♪


本日は'83ショベルFXR。

ありがたい事に定期的に入庫して頂いております。

今回のご依頼は走行中の異音、それもエンジン付近からの金属音との事ですので身構えます。

アイドリングでは無音ですので今回も走り込んで音の出所を探っていきまして。


結果はラバーマウント車のコレ、エンジンマウントスタビライザーのガタでした。


固着したエンジン側のロッドエンドの穴がボルトで削られて

エンジンが横揺れするタイミングで音を出していたようです。

この辺りの磨耗はラバーマウント車の宿命ですね。

寿命はそれなりに長いと思いますが、

長期的にはマウントラバーの交換等総合的に見ておきたいところです。

こんなロッドはサッサと交換しまして。

今回はタイヤの交換も。


前後ともBSの新作、バトルクルーズH50に交換します。


やっぱりニュータイヤは気持ちイイですね♪

この車両は通勤と高速ツーリング、キャンプがメインの使われ方ですので、

耐摩耗性が上がった真ん中、キャンプ地までのワインディングに耐えるサイド部と

用途と性能のバランスが良いだろうという選択です。


さらにいつの間にかリアサスがワールドウォークに変わっていまして。

XL1200Sのフロントと合わせて調整可能な部分が増えましたので、サスも調整していきます。


あとはひたすら走り込みですね。

走れるステージの幅が広がったのも移転がもたらしたメリットです。


してバトルクルーズですが、当たり前でしょうがよく出来ています。

このように丸いプロファイルなのですが、バンクアングルの安定感がかなり良いですね。

直進安定性も当然良いのですが、

素直なタイヤですのでオーバーアクションな乗り方の人には不安定に感じると思います。


流石に端っこまでは使いませんが皮剥きがてらサラッと流してきまして。

粘着質なグリップはありませんが、タイヤを安定して接地させ続けてくれる安心感があります。

この辺りはハーレーの目方の重さを計算しての事ですかね。


フロントもセルフステアにお任せでアングル決まっていれば綺麗にグリップが続く感じですね。

特にこのFXRとのマッチングは良かったと思います。

基本に忠実かつ重量車に合わせたプロファイルの良いタイヤだと思います♪

リアサスも可もなく不可もない感じですが、

ダンパーが結構しっかり効いていて、乗り心地改善には良いと思います。


走りには満足出来ましたがどうもリアブレーキの効きが良くなく、

一先ずローターを在庫の中古に交換。


スライドピンが固まっていたり


ピストンも戻り悪そうですね。


細々清掃したりグリスアップしましたが


良くはなりましたがまだ少し不満な感じです。

どうもパッドが硬いかなぁ。。


フロントもフルード交換等進めますが、ブリーダープラグがこんな調子なのはいけませんね。

 マスターとキャリパーのマッチングもよろしくないので

 ブレーキ周りは次回ばっちりキメていきたいと思います♪


エンジンマウントスタビライザーの入荷が遅れてお待たせしましたが、無事お渡しです。

ワイパーブレードとかタイヤとか、窓のふちゴムとか

とかくゴム系は交換すると何だか気持ちイイですね。


それではみなさまごきげんよう!





0 件のコメント:

コメントを投稿