2017年10月14日土曜日

シートベースやタンクの底。


みなさまごきげんよう♪

フレームをセクショニングしまして首元スッキリのビラーゴ750。

フレームが片付きましたのでタンクトンネルの製作と、

固定していなかったシートベースの固定、補強と進めていきます。


劇的変化の無いような雰囲気ですが、フロントを38から35に。

フォークピッチもナローになりオフセットも増しました。

エボスポーツも同様ですが視点の重心が前寄りなバイクは、こういう事の積み重ねが大事ですね。


シートは前側をフレームに引っ掛け、後ろ側はピンで固定する方式です。

まず引っ掛け部分を作りまして。


ピンが刺さるタブをフレームに溶接。

プレスの部材が左右非対称ですのでギリギリかわしていきますが、

本来理想的な位置もう少し後ろですね。


シートベースに引っ掛けをボルトオンして、ピンを溶接。

穴径誤差0.5mmでスコッとハマります。


シートベースはカウルも固定されますし、加重を考えてしっかり補強を入れておきます。

シートカウルの固定はナッターを使用していますが

すぐにグズグズになるアルミ製ではなくスチールを使用します。

位置確認の為引っ掛け部分が露出していますが、この後延長して見えなくなります。


お次はタンクのトンネル製作。

フレームの形状が複雑なので、自ずとトンネルも複雑な形状になりますね。

角ばったタンクにした理由の一つが、このトンネル形状でして。

丸いものを被せる場合純正タンクくらいの大きさになってしまうからです。


前後左右に計3箇所、吸気の為の膨らみがあるのでコレを避けつつ。


ハーネスが通るクリアランスを確保しながらギリギリのラインを狙っていきまして。

縦方向の折り目は補強の為に入れてありますが、大切なのは後ろ側。


トンネル形状を複雑にしてまで作り出したのが、タンクの底になる部分です。


歪みが出ないようにトンネル全周溶接し、タンク外版に点付けしてから底板を作りまして。

そうすると三角形の一番広いところにガスコック、後方に左右のバイパスパイプが

ギリギリ収まるようになっています。


ガスキャップはビラーゴの純正流用ですが、丸いタンクに付いていたものですから

当然そのままでは付くはずもなく、板金の繰り返しで合わせていきます。

ただでさえ容量の少ないタンクですから、シールやベントがしっかりした純正キャップで

燃料を目一杯入れられるようにしておきます。

純正のキャップは意外とスタイリッシュですしね(金メッキですが)♪


フロントエンド変更で俄然良くなってきましたね♪

と、言いつつ12月の横浜ホットロッドカスタムショーのエントリーも正式に受理されまして

それにしては作業が遅すぎじゃないか的な不安が頭をよぎりまくりますが

勿論、手なんぞ抜かずに納得いくまで進めたいと思います♪


それではみなさまごきげんよう!




2017年10月10日火曜日

秋。


みなさまごきげんよう。

あっという間に夏が終わり秋でございますね。

秋の夜長とはよく言いますが、夜が長い事よりも昼間が短い分だけ、より昼間が有り難いなと。

うちは山の位置の関係でただでさえ日暮れが早いので、御天道様を一段と有り難く感じます。


仲秋の名月って言うんですか、十五夜の夜の満月っぽいお月様ですが

ハッキリクッキリよりも薄雲がかかって何かハレーション起こしておる方が綺麗だなと思ったり。


薄曇りっていうのは昼間も適度に光線が弱くて結構好きだなという事に気付いたりしまして。

四季や天候に対する考え方ですとか、善し悪しなんてのが住環境で随分変わるものだなと。

そんなもの敏感に感じ取ろうと思えば何処に居ても同じなのでしょうけれども、

鈍感な自分はこういう環境で生活してみてやっと気付く次第です。


バイクはと言いますれば色々と作業が進んでおりまして、一通り段落がつきましたら

あのバイクどうなってんの?的なXLH883鉄仮面。

こっちをそろそろ走らせましてFOR SALE予定です。


実走でどうなっていくかによりけりですが、内容が内容だけにお安くはありません。

が、内容が内容だけに決して高くもないお値段設定を狙えるよう熟慮中です。

このバイクに限った事ではありませんが、本当にコレじゃなきゃダメだ!

と言って頂ける方からのオファーお待ちしております。


んまた唐突に花の写真になったりなんかして。

要はインスタに上げた写真の垂れ流しやんけ!ってトコですが。

パッと撮ってスコッと感じた事をアップできるああいうツールは確かに表現がしやすくて

人に見せる目的っていうよりも、自分の感覚の記録として凄く優れていますね。


繊細な花に繊細な生物、その造形とか色の組み合わせとか。


形がカッコよくていつまでも逃がしてあげられなかったミヤマクワガタ。


土を掘る度に出てくる幼虫はコイツでした。


自然界の造形や色遣い。


オニヤンマがとまってる。


眼なんて凄く複雑だし羽根の付け根のとこなんか、やっぱり飛ぶ為の機能って凄い。


普段は殆ど人なんて来ないところなんだけれど、逆に彼らは凄く近くに居て

その姿をじっくり見させてくれたりして感じ入る事が多い。

バイクに生かせるのかよ?と言われればどうか知らんけども、

常々何かを感じたり思う事は大切なんじゃないかな。


なんてナチュラリスト的な事を言ってるうちにカメムシの季節でもありまして

ここ数日で発生数増してきております。

ご来訪の際はカメムシにご注意くださいませ。

そして異臭がしましても私の足や脇の臭いではございませんので誤解無きよう。

それではひとまずごきげんよう♪






2017年10月2日月曜日

タンク補修とハーネス交換。


みなさまごきげんよう。

タンク背面の塗装浮きを補修していますCBX1000。

前側にも塗装浮きがありまして、この際だから一緒に直してしまおうという事になりました。


塗装を剥ぐってみますればガソリン臭と共にピンホール出現。

これは錆によるものではなく製造時の溶接不良、ブローホールだと思われます。


ピンホールは半田埋めにて処理しておきます。

この後塗装されるので最小限、保護目的程度にサフを入れておいて

厳重に梱包してペインターさんの元へ送られましたが、

台風の関連もあって作業を急いだ為。。

後日パテ痩せしてしまったようでお手数をおかけしてしまいました。


さて気を取り直しましてハーネス類の交換作業に着手します。

サイドカバー内にバッテリーの充電用ケーブルやアクセサリーソケットが増設されていまして

これらも位置を変更していきます。


純正のハーネス、機能はしていますがやはり劣化していますね。

特にネック周りはハーネスが集中しますので

劣化してくるとハンドルを切る度にギシギシうるさいのも気になります。


順調に純正ハーネスを撤去していきますが、レギュレーターからのカプラーが溶損してまして。

以前にショートして発煙した経験ありとの事ですのでその時のものと思われます。


電圧計を見る限りレギュレーター自体に不具合は無いようですので

ひとまずカプラーを交換して様子を見る事にしました。

早速カプラーの種類を割り出しまして、他に必要となるカプラーと同時に発注。


昔はカプラー単体、それも一個単位での購入なんてのは難しかったですが、

便利な時代になりましたね。


ウインカーリレーは他車流用で良いものがついていますが、

接続がコレでは信頼性に欠けるのと、整備性もよろしくないと思いますので。


純正ハーネスからカプラーオンで接続できるようにしておきます。


足回り変更の関係で行き場を失ったヒューズボックスはオーナー様の手により

サーキットプロテクターに換装されていますね。


機能としては優れたものですがギボシ端子接続を

リレー同様純正ハーネスに適合するカプラーに変更しておきます。

こうしておけば結線間違いを防ぐことができますね。


そして待望のメインハーネス交換。

今回は日本製のリプロ品に交換しつつ

バッテリープラス、マイナス配線にフュージブルリンク、イグニッションハーネスに

スターターモーターケーブルまで交換していきます。


しかしながらスターターモーターケーブルはエアクリーナーボックスの下でして。

どうやってもスンナリ交換できそうもありませんでシートレール下をスッカラカンに。


中々手を入れる事の無い部位だけに綺麗に清掃しておきます。


取り外したパーツ類も外から綺麗にするのは困難なものばかりですので

各々綺麗に清掃しておきます。


ここはギッシリ部品が詰まっていますので、普段磨けないフレームも綺麗にしまして。

こういった作業は手間がかかるのですが、折角リフレッシュしているわけですから

綺麗にしておいて新たな汚れを蓄積していってもらいたいと思います。


清掃を終えたパーツを戻しつつ、綺麗にハーネスを這わせていきます。


ウインカーリレーも適所に収めておきまして。


純正ハーネスではコードに気筒番号のタブが付いていますが

ハーネス交換に伴い失われてしまうのでラベルを製作して分かり易くしておきます。


テールランプから分岐線を取ってサイドカバー内に設置してあったアクセサリー電源は

フロント側に遊んでいるイグニッションプラス配線から電源を取り出し

カウル内に隠して設置しましたので、使い勝手も良いと思います。


走行中にピロピロ出てきてしまっていた充電用ジャックは

取り回しを変更してリアフェンダーのフラップ部分に隠しまして。


使用時はペロッと出して使えるようになっています。


それにしてもハーネスが綺麗になるとシャキッとしますね♪

普段は全く見えないんですが、オーナーだけの愉しみと言いますか

よりバイクを好きになれる気がするんですよね。


単に交換するだけではなく、見た目も美しく整備もし易くしておくと

眺めて楽し、イジって嬉し。

勿論信頼性も格段にアップしますね。


仕上げにくすんでいたメインフレームも綺麗に磨いてあげてハーネス交換作業は完了。

手間暇かけてます感を猛烈にアピールしていますが

自分がオーナーだったらこうなってると、こうやってくれると嬉しいなと。

自分のバイクのつもりで手を入れさせて頂いています。

皆さんの1号機、つまりは愛機をお預かりする訳ですから

それに匹敵する愛情でお応えしなくてはと、常々そのように考えています。

CBX1000は外装が戻ってくるのを待ちつつ塗り物関係を仕上げまして、

最終テストを経てお渡しの予定です。

それではみなさまごきげんよう!